採用管理システムのおすすめ5選! 導入すべき理由と自社に適したシステムの選び方

企業の採用活動に必要な業務を一元管理できるのが「採用管理システム」です。採用管理システムを活用することで「採用業務の効率化」や「コスト削減」につながるため、多くの企業が導入しています。

一方で、たくさんある採用管理システムのどれを選べばよいか分からないと悩む採用担当者のいるようです。ここでは、分かりやすく目的別におすすめの採用管理システムを厳選してご紹介します。

採用管理システムおすすめ5選

まずは、おすすめの採用管理システムを見てみましょう。以下、5つの目的別にご紹介します。

  • 新卒採用向け
  • 中途採用向け
  • 新卒&中途採用向け
  • アルバイト採用向け
  • 無料で使える

新卒採用におすすめMOCHICA(モチカ)

新卒採用向けの採用管理システムとしておすすめなのが「MOCHICA」です。

最大の特徴は「LINEに特化した機能」です。LINEと連携することで、応募者と選考日程調整や結果通知、諸連絡が簡単かつ効率的に行なえます。また、応募者の選考日程調整が自動でできるため、採用担当者の工数を大幅に削減可能です。

LINEを使うことが多い学生とのコミュニケーションを円滑にするのに優れているため、返信率の向上、離脱率の低下などにも効果的です。

とくに、採用担当者の「連絡にかかる負担」が大幅に減少するため、これまで以上に応募者へのフォローなどに時間を割けるようになります。

MOCHICAは月額5,000円から導入可能、シンプルながら高機能なので初めての採用管理システムとしても導入しやすいでしょう。

中途採用向けにおすすめAOLC(アクセスオンラインキャリア)

中途採用向けの採用管理システムにおすすめなのが「AOLC」です。

株式会社マイナビが提供する中途採用向けシステムで「応募者データの一元管理が容易」なことが特徴です。さらに、データベースサーバを非公開セグメントに設置、サーバ完全二重化といった強固なセキュリティ対策とデータ保護体制が整っています。

このシステムでは、転職情報サイト・求人紹介会社・自社採用サイト経由といった複数の応募経路から集まる応募者情報をまとめて安全に管理できるため、採用担当者の情報集約にかかる工数やデータ漏洩などのリスクを削減できます。

中途採用の場合、複数の求人媒体から届く大量の応募者情報を管理することが課題とされていますが、このシステムであれば容易に一括管理が実現します。

AOLCはこれまでに900社以上に導入され、800万人分の応募者情報を運用した実績があるので、採用管理システムとしての評価は非常に高いと言えるでしょう。

新卒&中途におすすめi-web(アイウェブ)

新卒採用と中途採用のいずれにもおすすめできるのが「i-web」です。

i-webに蓄積された採用に関するデータを元に「採用活動の分析や改善策が受けられる」ことが特徴です。これにより戦略的な採用活動の設計が可能になるため、採用担当者はデータに基づいた採用活動に専念できます。

新卒や中途を問わず応募者情報の一元管理、内定者管理とフォローアップ、選考進捗レポート、手厚いサポート体制などの基本的な機能も揃っています。

i-webは新卒採用管理システムとして13年連続導入シェア1位の実績があり、大手就職情報サイトの「リクナビ(登録者数約70万人)」と「キャリタス就活(登録者数約45万人)」の主要2媒体とシームレスに連携しています。

アルバイト採用におすすめHITO-Manager(ヒトマネ)

アルバイト採用におすすめの採用管理システムが「HITO-Manager」です。

最大の特徴が「Indeed」や「Googleしごと検索」、「Yahoo!しごと検索」などの求人まとめサイトと連携できることで、効率的な求人情報の出稿や管理が可能になります。

また、タウンワーク・マイナビバイト・バイトルといったアルバイト求人に特化した大手主要媒体からの応募者情報の自動一元管理にも対応しています。

HITO-Managerは面接設定・自動返信メール機能・対応期限アラート・求人原稿制作といった採用担当者の負担が軽減される機能が充実しています。

無料で使えるHirehub(ハイヤーハブ)

採用管理システムにコストをかけられない方におすすめなのが「Hirehub」です。

エン・ジャパン株式会社が提供しているこのシステムは「全機能を無料で利用できる」ことが特徴です。最大10の主要求人媒体と連携可能で、システム上での応募者との連絡や、選考の進捗管理といった機能が利用できます。

また、煩雑な作業になりがちな人材エージェントからの推薦についても自動化されており、エージェント管理も容易です。Hirehubは採用管理システムの導入を検討しているけれど、コストを抑えたいという企業におすすめです。

採用管理システムを導入すべき理由

続いて、採用管理システムを導入すべき理由についてご紹介します。

業務効率化につながる

採用管理システムを導入することで「業務効率化」につながります。例えば、応募者に関する情報の一元管理をはじめ、応募者への円滑な連絡、選考の進捗管理などが容易になります。

これまで複数の求人媒体から上がってくる応募者情報をエクセルで集約・管理していたような企業にとっては、人材リソースと工数の圧縮が実現します。

コストを削減できる

「コスト削減」も採用管理システムを導入すべき理由です。

採用管理システムを導入することで、求人媒体の掲載費・人材エージェントや採用担当者の人件費などが削減できるようになります。

とくに、求人媒体を利用している場合、長期間にわたって求人情報を掲載するほどコストがかさみます。しかし、採用管理システムを導入することで、採用工程のスピードアップが実現するため「2か月間掲載していたものが、1か月間で済んだ」といったケースも期待できます。

採用業務を改善できる

採用管理システムを導入することで業務効率化が実現し、結果的に「採用業務の改善」につながります。

具体的には、採用担当者の工数が削減できれば、採用サイトなどを通じてこれまで以上に「自社の魅力を発信する」ことも可能になるでしょう。また、余力が生じることでSNSなどを使った「採用広報」を充実させ、自社と求職者の距離を縮めることもできます。

これまで人材や労力を費やしてきた部分を採用管理システムに置き換えることで、採用業務の「新しいこと」に取り組めるようになります。

採用管理システムの選び方

続いて、採用管理システムを選ぶ際に参考にしてほしいことをご紹介します。

採用対象に合わせる

採用対象に合わせるようにしましょう。

例えば「新卒」や「中途」または「アルバイト」などの対象があります。採用管理システムの多くは、これらの「採用対象」ごとに特化したものが多いため、自社の目的とシステムの強みがマッチするものを選ぶことをおすすめします。

効率化したい採用業務に合わせる

採用業務において効率化あるいは改善したい部分に強いシステムを選びましょう。

具体的な業務としては、複数ある求人媒体から集まる応募者情報の管理や、応募者との円滑な連絡、求人媒体との連携などがあるでしょう。

あなたの会社の採用業務で大変な部分を解消してくれる機能を実装したシステムを選ぶことをおすすめします。

導入後のサポートを考慮する

採用管理システムを導入した後のことも考慮しましょう。

例えば、情報の分析や分析結果に基づく採用戦略の立案や、採用に関連するコンサルなどが受けられると良いでしょう。また、あなたの会社に専属担当者がついてサポートしてくれるかもポイントです。

医療業界でも採用管理システムが力を発揮する

採用管理システムは採用業務を劇的に効率化させる便利なツールで、昨今では良い人材を獲得するために不可欠な存在になっています。

医療業界も例外ではなく、採用管理システムを活用した採用業務が主流です。もし、「採用業務の効率化を図りたいけれど自社対応が難しい」とお悩みであれば、眼科業界歴30年を超える弊社・株式会社MANOCAの医療業界向けの採用サイト作成ツールの導入をご検討ください。

・医療業界向け採用サイトを作成したい方はこちら

© 2022 hitosai All Rights Reserved.