採用サイトの写真で知っておくべきポイント

「自社の採用サイトに掲載する写真をどのようなものにすれば応募が増えるだろう?」と考えている採用担当者は多いと思います。

採用サイトの写真から伝わるイメージによって、求職者の応募意欲を刺激することも出来るため、採用サイトの写真は重要な役割を持っています。

記事では、採用サイトの写真が重要な理由や掲載すべき写真、写真撮影のポイントなど、採用サイトの担当者が知っておきたいことについて解説します。

採用サイトに使う写真の重要性

はじめに、採用サイトに使う写真の重要性についてご紹介します。

求職者へ魅力を伝えるのに役立つ

採用サイトの写真は見る人に対してあなたの会社の魅力を伝えるのに役立ちます。例えば、写真を通じて会社の雰囲気を伝えたり、オフィスや職場の環境を伝えることが可能です。

さらには、どのような社員が働いているかや、働いている人たちの表情も伝えられることから、求職者にあなたの会社の雰囲気をイメージしてもらいやすくなります。

写真を使うことで「楽しそう」や「誠実そう」といった、文字情報だけでは分かりにくい会社の魅力を伝えられるため重要といえます。

早期離職を防ぐのに役立つ

写真を使ってあなたの会社の雰囲気や仕事の様子を表現することで、求職者は会社の雰囲気を具体的にイメージしやすくなります。

このことは、採用された人たちが入社後に「イメージと違った」や「予想していた雰囲気じゃない」といった気持ちになるのを抑えることにつながります。

求職者と企業間のミスマッチを回避することで、結果的に早期離職を防ぐのに役立ちます。

応募が集まりやすくなる

写真から伝わる雰囲気が求職者にとって共感できるものだった場合、「応募してみようかな」という気持ちになる可能性があります。

また、写真を通じて競合他社との差別化を図ることで、求職者が「こっちの会社の方がよさそう」と思ってくれるかもしれません。

「この会社で働いてみたい!」と思ってもらえるような写真が掲載されていると、求職者の応募意欲を刺激し、結果的に応募が集まりやすくなるでしょう。

採用サイトに掲載すべき写真の種類とポイント

次に、採用サイトに掲載すべき写真にはどのようなものがあり、それぞれどんなことがポイントなのかをご紹介します。

役員や社員の写真

あなたの会社で働いている人たちの写真を積極的に掲載しましょう。求職者は、写真を通して「どのような人が、どんな考え方で、どのような仕事をしているか」を感じ取ります。

会社のビジョンやポリシーなどでは、役員や社長といった会社のリーダーとなる人たちの顔写真を掲載し、社員紹介や業務紹介といったページで、社員の表情を見せることで、会社の魅力が一層伝わりやすくなるでしょう。

採用サイトでは、役員や社員の写真を通して会社の指針や魅力を伝えることがポイントです。

社内の雰囲気が分かる写真

求職者があなたの会社の雰囲気をイメージしやすい写真を掲載しましょう。

例えば、社員が働いている様子をはじめ、社員の服装やランチタイムの雰囲気など、社内での日常の一部分を切り取ったような写真が理想です。

求職者が「こんな雰囲気で働けるんだ」とイメージしやすいことがポイントです。

オフィス内の写真

オフィス内や業務スペースの写真も掲載しましょう。

求職者からすれば、実際に働く場所の環境はとても気になるところです。机や椅子、パソコンなど、実際に使うであろう物が写っているとイメージしやすくなります。

また、オフィスからの眺めや日当たり、隣の人との距離などが気になる人もいるかもしれません。「こんな環境で働くことになるんだ」と知ってもらえるような写真であることがポイントです。

商品やサービスが分かる写真

あなたの会社の商品やサービスに関する写真も掲載しましょう。一緒に働いて作り上げていくものやサービスをイメージしやすくすることで、求職者が同じ目標を共有しやすくなります。

「一緒に目指すべき目標」となる部分を表現することがポイントです。

採用サイトの写真撮影で大切なポイント

実際に採用サイトに掲載する写真を撮影する際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。

イメージや撮影ラフを用意する

撮影する前に「どんなカットの写真が必要か」を選定し、簡単な絵にしておくと良いでしょう。自分たちで撮影する場合は取り忘れ防止になり、撮影後に欲しいカットがないという事態を避けられます。

また、プロのカメラマンに撮影を依頼する場合には、欲しいカットのイメージを共有しやすくなります。

複数のアングルで撮影する

同じ場面であっても複数のアングルで撮影しておきましょう。

撮影枚数が多くても、似たような構図の写真ばかりだと単調になってしまう可能性があります。サイトに動きを出したり、写真の選択肢を増やすためにも、いろいろなアングルで撮影しておくことをおすすめします。

また、背景となる部分も意識し、余計な物が写りこまないようにしたり、整頓しておくことも忘れないようにしましょう。

自然な姿を撮影する

被写体となる人には出来るだけ自然体で撮影に挑むようにしてもらいましょう。

とくに、日常業務の一部を表現する写真では、採用サイトのためだけに撮影した感じになると、やらせ感や堅苦しさが伝わってしまうかもしれません。

被写体となる人の協力も必要ですが、撮影者が自然なタイミングでシャッターを押す工夫も大切です。

医療業界の採用サイトでも写真は重要

採用サイトに掲載する写真は医療業界においても重要なポイントです。

求職者はどんな雰囲気の医療施設なのかや、働く環境を前もって把握しておきたいと考えることから、写真をおろそかにすることはできません。

もし、自社では対応が難しいとお悩みであれば、眼科業界歴30年を超える弊社・株式会社MANOCAの医療業界向けの採用サイト作成ツールの導入をご検討ください。

・求人原稿の作成依頼をしたい方はこちら

 

© 2022 hitosai All Rights Reserved.